忍者ブログ

バタフライナイフ

http://butterflyknife.blog.shinobi.jp/

2019/09/17 (Tue)

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

2019/03/29 (Fri)

クマのプーさん

Bunkamuraザ・ミュージアム クマのプーさん展。

原画のあれこれ 絵がうまれるようすなど たいへんすばらしく
だいすきな可愛らしい絵が たくさんあって
しあわせなきもちで にこにこみてまわる。
なんてかわいらしいんでしょう!

『クマのプーさん プー横丁にたった家』は いっとうすきな本だので
訳者である石井桃子さんを紹介するコーナーは たいへん興味深かった。
石井桃子さんがクマのプーさんの原書に出会った日にちも場所もよかったし
石井桃子さんが杉並区の図書館に贈った言葉もよかった。

子どもたちよ
子ども時代をしっかりと
たのしんでください。
おとなになってから
老人になってから
あなたを支えてくれるのは
子ども時代の「あなた」です。
石井桃子

ポストカードを 3枚 買い求めた。

『しっぽ』 イーヨーがしっぽつけてもらってるところ
『足跡』 雪のうえのプーとコブタ
『橋の上』 橋のうえのクリストファー・ロビンとプーとコブタ

P_20190329_123734_1P_20190329_130944P_20190329_125415P_20190329_130658
P_20190329_125921P_20190329_130545

P_20190331_163143_1

2018/11/29 (Thu)

松本哲男

宇都宮美術館 旅する絵かき 松本哲男 地球画譜 という展覧会。
点数はすくなかったけれど おおきなおおきな迫力ある絵を観られて満足。

現地に赴いて 地べたに座り込んだりして 幾日もかけて
絵を描くようすも 情熱的で素敵だった。
三春の滝桜を描いたときには 地元の方々に だいぶんお世話なったようす。
うつくしく咲き誇っているときと ふゆの葉っぱもなんにもないとき
おなじ構図の2枚の滝桜の絵が展示されていて しげしげ見比べて鑑賞した。
春の桜は無論うつくしいのだけれど ふゆの桜の樹のうつくしさも見事なのだった。
ごつごつしたあのかんじ。枯れているようにみえて溢れだしそうな生命力。
イグアスの滝は ヘリをチャーターして うえから見下ろしたんですって。
吸い込まれてしまいそうな 水しぶき。

ミュージアムショップで ポストカードを3枚 買い求めた。
★三春滝桜-空即是空-
★睨 イグアスの瀧
★山

P_20181129_134801P_20181129_152323P_20181129_151720P_20181129_151317

2018/07/05 (Thu)

ルオー

宇都宮美術館 ジョルジュ・ルオー展。

さいしょの展示室は 初期の作品で
モノトーンの版画とか くらい色調の作品がおおくて
あんまりいいとおもわなかった。
師匠のギュスターヴ・モローさんが亡くなったり お父さまが亡くなったり
戦争があったりして そのような色づかいであるのも 無理もないのだった。
モローさんが亡くなった頃には レンブラントさんの影響をうけたというのが
興味深かった。

ふたつめの展示室は 後期の作品で
あかるく豊かな色づかいの作品が ぐんとふえて たいそうよかった。
若い頃 ステンドグラス職人の修業をしていたルオーさんは
『天上の色彩』というものに 魅了されていたのだという。
なるほど ステンドグラスのような 色とりどり きらめき あたたかみ。
塗りかさねられた絵の具。その力強さ。
とりわけ 『マドレーヌ』。
なんてしあわせなきもちになる絵なんだろう!

ミュージアムショップ 復活していた!
ポストカードを 2枚 買い求めた。

★ジョルジュ・ルオー 『マドレーヌ』
★グスタフ・クリムト 『ひまわり』

P_20180705_151005P_20180705_135216

2018/02/08 (Thu)

灰野文一郎

宇都宮美術館 灰野文一郎展。

まえにみた斎藤富蔵さんの先生だったひと。

とてもちからづよい絵。たんと塗りかさねられた絵の具。

わたしがうまれたまちの山の絵が多かった。
山はいいなあ。しみじみ。
とりわけ『六月の霧降高原』という絵は 山のてっぺんでみる景色によく似ていて
絵のまえに立つと清々しい気分に満たされるかんじがして しばし絵の真ん前で眺めた。

花を描いた絵がいくつかあって なぜだか背景が真っ赤とか真っ黒で
うつくしいというかんじはしなくて 毒々しいのだった。
ちらほら淡いみずいろの背景の花の絵もあるのだったが
『枯れた向日葵』とか 『逆光のひまわり』とか
やっぱりうつくしいというかんじはしないのだった。

『栃木県の風景の中から那須を発見したことを画家として本当に幸福だと思っている』

ミュージアムショップ 無くなってしまってとっても残念。
山の絵のポストカードほしかったなあ。復活するといいのになあ。

P_20180208_121918

2017/11/09 (Thu)

関谷富貴と小山田二郎

栃木県立美術館 『共鳴する魂 関谷富貴と小山田二郎』 という展覧会。

会ったことのないおふたりなのに その作品は たしかに共鳴していた。

関谷富貴さんは 画家の妻で ひっそり絵を描いていて
御存命のあいだは 作品を発表することは無かったのだった。
たくさんの作品には タイトルさえ無いのだった。
色彩がたいへん鮮やかでうつくしく 抽象画のようでなにが描かれているのかよくわからない。
ときどき鳥が描かれているのがみつかったり ひとの顔とおぼしきものがみとめられたりした。
はっきりと しましまの猫が描かれているものは たいへんかわいらしかった。

小山田二郎さんの『仮装』と関谷富貴さんの絵が ならべて展示されていて 息をのんだ。
色合いといい モチーフといい まさしく共鳴しているのだった。
ほかにもいくつか おふたりの絵がならべて展示されていて
じつに観せ方がじょうずだなあとおもった。

小山田二郎さんの『鳥女』は 展覧会のポスターやチラシに載っている絵だけれど
実物をみると凄まじさがよくわかる絵だったので 実物をみられてよかった。
たくさんの 引っ掻いた跡。そのちからづよさ。どんなきもちで?

常設展示も おもしろかった。

荒井寛方さんの特集で うつくしい仏画をたくさんみた。
大正時代にも インドにでかけたり世界一周旅行をするひとが いらっさったんだなあ。
マリア像をスケッチしたものがあって しげしげみた。

草間彌生さんの作品が 7点ほど展示されていた。
絵が 4点。水玉模様の携帯電話の作品が 3点。
携帯電話の作品のうちのひとつのタイトルは 『宇宙に行くときのハンドバッグ』。
宇宙でも携帯電話つながるのかしらん?でもすごく持っていきたいかんじ。

木内廣さんの 『夕焼荼毘』のまえで しばし佇んだ。
原っぱで どなたかが荼毘に付されていて ひとすじの煙がたかくたかく立ちのぼっている。
ひろい原っぱ。集まっているひとびと。
あかい炎。あかいあかい夕焼け空。
しみじみとした いい絵だった。

塚原哲夫さんの2作品が とってもよかった。
『大同石仏』は 大仏さまが描かれていて 金銀の粉でラメラメしている。
大仏さまのお姿のラメラメのなかに 異国の風景がみえる気がした。
『アマ・ダブラム』は ヒマラヤの山が描かれていて 銀の粉でラメラメしている。
とても切り立った 神々しいかんじの山。山はいいなあ。うつくしいなあ。

県立美術館 ひさびさだった。
むかしむかしおきにいりのカフェがあった美術館のおとなりのビルがなくなっていた。
出口のプラタナスの樹は変わらずそこにあって 黄色く色づいた葉がきらきらしていた。

20171109012017110902

2017/10/12 (Thu)

エドワード・ゴーリー

宇都宮美術館 『エドワード・ゴーリーの優雅な秘密』 という展覧会。

ひとつめの展示室は ゴーリーさんの描いた たくさんの本の原画の数々。
なんて緻密なんでしょう!こまかいったらありゃしないよ!

丸ペンとおぼしき細いペン先。見覚えのある(わたしも持ってる!)インク。

むかしむかし漫画家を目指していたころ ちまちまカケアミ描いていた日々のこと
思い出さずにはいられなかった。

『おぞましい二人』は 実際にあったおそろしい事件をもとに描かれた本。
こどもたちをなんにんも殺した男女の 生い立ちから殺人にいたるようすやそののちのようすまで。
殺人の場面はさすがにばっちり描かれていなくてぼやかされたかんじになっていて
翌日のあさごはんのようすはなにを食べたのかこまかく描かれている。
あさごはんのメニューは ゴーリーさんが考えたんだねえ。
淡々とした描写が かえって不気味なのだった。
発売されたときには 非難されたり返品されたり たいへんだったもよう。
本のなかでこどもたちを殺していたゴーリーさんにとって
事件は衝撃的で この本は描かずにいられなかったらしい。
絵の説明のところに書いてあったゴーリーさんの言葉が どうにもこころに引っかかった。

『どういうわけか、人生におけるわたしの使命は人をできるだけ不安にさせることなんですよ。人はみんなできるだけ不安になるべきだと思うんです、世界というものは不安なものだから』


ふたつめの展示室は バレエのポスターやグッズ テレビ番組のポスターなど カラフルなかんじの展示。

ハーバード大学在学中に おかあさまに送った絵封筒の数々が すばらしかった。
こんなお手紙届いたらびっくりしちゃうなあ。

『空飛ぶ猫のいる自画像』も よかった。
”無類の猫好きで、猫だけは不幸な目にあわせることのなかった”ゴーリーさんは
6匹の猫と暮らしていたという。
毛皮を着て後ろ向きで立っているゴーリーさんのまわりを飛んでる猫たち。
6匹いずれも 香箱すわりで なんともほのぼのかわいらしいのだった。

展示室をつなぐ中央ホールはゴーリーさんの絵本が読めるスペースになっていた。
手に取って 幾冊か読んだ。『おぞましい二人』は とりわけじっくり読んだ。

ゴーリーさんのお写真飾ってあって 窓辺にふくよかなねこが1匹。
どうやら茶トラのようすで うちで飼っている猫にすこし似ていた。

ミュージアムショップで ポストカードを 2枚 買い求めた。
★Old Possum's Book of Practical Cats (ねこ!)
★the rum tum tugger
(この絵はこんかい展示されてなかったんだけどとびはねてるしましまのねこがかわいくて)

『空飛ぶ猫のいる自画像』のポストカードが欲しかったけど無かったのでクリアファイルを買い求めた。
帰りしなにいただいた展覧会のチラシをいれるのに役立った。
真っ赤な展覧会のチラシとてもすてきで 黒いフレームにいれておへやに飾った。

2017101201201710120220171012042017101203
1 |  2 |  3 |  4 |  5 |  6 | 

Profile

HN:
cica
性別:
女性

Archive

 

Script:Ninja Blog Skin:Shining D
忍者ブログ [PR]